激安アウトレット家具でリビングテーブルを購入する前に材質について知る

リビングテーブル選びで失敗しないコツ

リビング

リビングテーブルを激安アウトレット店で購入する場合、どれが良いテーブルなのかと悩むことはよくあることです。テーブル選びには失敗しない「コツ」というものがあり、そのコツを掴んでいれば理想のリビングテーブルを見つけやすくなります。

リビングテーブル選びは材質に注目

プリント合板
最も安価で購入することができる材質が合板です。これは薄くスライスした単板を接着剤で重ねた材質のことであり、表面に木目をプリントしたものをプリント合板といいます。プライウッド、またはベニヤ板という名前で販売されていることもあります。安価であり、サイズや厚さのバリエーションが豊富なため選択肢の幅が広いのが特徴ですが、耐久性が低く、長期期間使用することができません。
つき板
ベニヤ板に薄い木材を貼り合わせたものをつき板(あるいは突板)と呼びます。こちらは合板とは違い、プリントした木目ではなく本物の木材を使っているので、見た目も質感も本格的な木材の家具に見えます。また、重量も軽くて持ち運びが楽なので家具の配置変えが楽に行なえることと、値段が控えめなので気軽に購入しやすいのがポイントです。そのため、激安アウトレット家具店でも非常に安価に買い揃えることができます。しかし、木材が傷つき、削れてしまうとベニヤ板が見えることもあるので配置する家具によって向き不向きが生じます。
無垢材
家具の中でも高級品に分類されるのが無垢材です。無垢材とは天然の木をまるごと使ったものであり、突板のように張り合わせたものではなく、合板のように薄くスライスしたものでもありません。そのため、材質の中では最も頑丈です。更に、無垢材の特性として使えば使うほど独特の変化が現れるため、大事に使えば一生使用することができるのも無垢材の魅力といえます。しかし、その分お値段が高いため、激安アウトレット家具店で購入したほうが購入時の費用節約につながります。

激安アウトレット家具でも本物志向~リビングテーブル向けの木材~

素朴な味わいが好みならパイン材(家具メーカー)

無垢材の家具を購入したい方には、どんな家にしたいのかを聞くことにしています。というのも、木材によって雰囲気が全く違うのでコンセプトによっておすすめできる木材が違ってくるのです。例えば素朴で温かみのある感じにしたいというのであれば、私はパイン材をおすすめしています。パインとは松の木のことであり、柔らかめで節が目立つのが特徴です。例えるなら、アメリカのカントリー調な木材といったところでしょうか。無垢材の中では非常に安価なのもパイン材の魅力といえます。

自然な風合いが好みなら北欧風のオーク材(家具メーカー受付スタッフ)

人気が非常に高いのがオーク材です。日本では樫の木や楢の木がオーク材に該当します。密度が高いため固く、木目がきれいなのが特徴であり、北欧風の家具に使われていることが多いです。人気が高いので様々なメーカーで使われていますし、アウトレット品も多く出回っているので見る機会は非常に多いと思われます。また、家を北欧風にしたり爽やかな雰囲気にしたいという人にはオーク材をおすすめしています。

繊細なデザインが好みならチェリー材(家具卸売店)

若干上級者向けとされていますが、個人的におすすめできるのはチェリーウッドですね。オーク材に比べると薄茶色の木材で艶のある雰囲気が特徴です。主にイギリス風家具でよく使われています。オーク材よりも若干高めなお値段になり、なおかつ少し渋めなイメージが付くので人を選ぶ傾向にあるのかもしれません。しかし、部屋の雰囲気を渋めにしたい場合に非常にマッチした木材のため、どちらかといえば男性向けの素材といえます。また、長く使い続けるとさらに色が濃くなるので、月日の経過を楽しめるというのもチェリーウッドの魅力です。

高級な雰囲気が好みならウォールナット材(高級家具メーカー販売員)

高級なイメージにしたいのであればウォールナット材が一番おすすめです。濃い茶色が特徴の木材であり、高級感と重量感があるのが特徴ですよ。爽やかさよりも高級感や渋さを求めている人におすすめできる木材であり、どちらかといえば男性の方がウォールナット材を選択します。ポイントとしては、ウォールナットで統一した場合雰囲気が重くなりすぎるため、テーブルのみのワンポイントなどに使用することが好ましいのです。他にも、壁や床の色合いも考えて配置をすると、ウォールナットの高級感が部屋の雰囲気をグッと引き立ててくれますよ。

リビングテーブルの持ちを良くする方法

せっかく買ったこだわりのリビングテーブルは、できるだけ長持ちさせたいものです。ここでは、そんなテーブルの管理方法について紹介しましょう。リビングテーブルの持ちを良くするためにはテーブルの配置場所が大きく影響します。

激安アウトレット家具でも長く使い続けられる

大きな窓のあるリビングにテーブルを置きたいのですが気を付けるポイントってありますか?
直射日光に当たらない場所に配置することをおすすめします。日光には紫外線が含まれており、紫外線には家具の変色や劣化を促進させる効果があるからです。そのため、なるべく日光に当たる場所には配置しないようにしましょう。どうしても日光に当たる場所に配置せざるを得ない時は、カーテンで日光を防ぐと良いです。なぜなら、カーテンで日光を遮るだけでも紫外線を大幅にカットすることができるからです。なお紫外線は家具だけではなく絵や食器の着色なども薄めてしまうため注意が必要となります。
冷暖房が家具に影響を与えることがあると聞きましたが本当でしょうか?
本当です。直接風が当たる場所に家具を設置することで、リビングテーブルは劣化しやすくなってしまいます。特に暖房は要注意であり、熱風に晒され続けることでテーブルが反り返ってしまうこともありますし、最悪の場合割れてしまうこともあります。よって、できるだけエアコンの風が当たらない場所に設置しましょう。しかし、どうしても位置的に配置変えができない場合はエアコンの風向き調節用の板を取り付け、風がテーブルに直接当たらないようにするといった工夫で対処すると良いです。

TOPボタン