激安アウトレット家具店でリビングテーブルを購入する前にやるべき事

家によって間取り図は違う~確実にチェックしておきたい場所~

室内

激安アウトレット家具店で理想の家具を探す前にしておくべき事があります。それが、家の間取りのチェックです。家の間取りを事前に把握し、どの程度の大きさのものが配置できるのかをチェックしておきましょう。

家の間取り図を細かくチェック

リビング部分の窓やドア
ドアの位置と窓の位置は絶対にチェックしておかなければならないポイントの一つです。例えば開き扉がついている家の場合は、扉を全開にした際の扉の稼動範囲は把握しておいたほうが良いです。リビングテーブルを配置した時、取っ手や扉がテーブルに当たるとテーブルも扉も傷がつきやすくなるからです。よって、扉を開けている時のスペースも考慮して家具選びを行ないましょう。また、窓枠の位置も家具配置時に少々問題となるケースがあるので把握しておく必要があります。
リビングのコンセント
見落すことが多いのが、コンセント位置やテレビ用のアンテナ端末の位置です。これら2つは家具とは違って電気工事を行なわないと移動できないため、必然的にテレビラックやパソコンデスクなどの家電を配置する家具の位置は限定されます。よって、家具の配置を考える時はアンテナ端末やコンセントの場所を把握しておきましょう。どの程度の大きさの家具が配置できるのかということを覚えておけば、家具選びで失敗するリスクを減らす事ができます。
柱や梁
図面を見て家具の配置を考えている時は、柱や梁の位置を把握することが重要です。なぜなら、図面ではこれらは省略されているケースがあるからです。そのため、図面のみを頼りに家具の配置を考えていると、柱や梁の存在を失念していたせいでリビングテーブルが置けないなどといった可能性があります。回避方法としては、実際に現地の間取りを確認した後、図面に柱や梁の情報を書き加えておきましょう。そうする事で、柱や梁の存在も念頭に置いた家具の配置を行なうことができます。

理想の家具が見つかったとしても、家の間取りに合ってないものを購入してしまうと台無しになってしまいます。間取りをチェックし、ポイントを踏まえた上でリビングテーブルをはじめとした家具の大きさを決めましょう。

配置場所にこだわれ~リビングテーブルと部屋の相性~

家具の配置にこだわることで家の見た目は劇的に良くなります。例えばリビングテーブルです。リビングテーブルを配置する時にどこに設置し、どのようなポイントに注意すればよいのかということを、あなたはご存知でしょうか?

リビングテーブルを配置するまでの流れを把握

部屋のコンセプトを決める

家具の配置にこだわりたいなら、まず何はなくともコンセプトを決めましょう。コンセプトの有無でどんなテーブルを買うのかという大体のテーマが決まります。落ち着いた雰囲気にしたいのか、スタイリッシュな空間にしたいのかといったコンセプトを考え、それに沿ってテーブルをはじめとしたインテリア選びを行ないましょう。材質や造りの違いでコンセプトがそれることがあるため、できるだけ家具や材質は統一させたほうがコンセプトに沿ったインテリア選びを行なうことができます。

部屋の寸法を測る

テーブルは家具の中でも大きな部類に入り、面積を大幅にとるものが多いです。そのため、大きすぎるものを購入した場合テーブルだけ異様に大きいなど、インテリアの配置バランスが大きく崩れる可能性があります。事前に部屋の寸法を測り、どの程度の大きさのテーブルを配置するかを考えておきましょう。その際、間取りを測るメジャーは必須アイテムなので事前に準備しておくといいです。そして間取りをメモし、実際に購入する時にサイズに問題がないかどうかを確認してから購入するようにしていきます。

生活動線をチェック

生活動線(移動するための通路)のチェックは快適な住まいを作るために必要です。狭すぎるとストレスを感じることが多いため、広めの確保が必要になります。ポイントとしては、通行する頻度が多い場所や家族の使用頻度が多い場所は広めにとっておくなど、日常生活における動きや過ごし方を予測しておきましょう。リビングテーブル周りの生活動線を考えるのであれば、食事を運ぶ時の移動スペースや椅子に座る時の壁との距離、そしてテレビまでの距離を考えた設置を行ないましょう。

搬入時のルートも要確認

見落とすことが多いのが搬入時ルートです。例えば巨大サイズのベッドやソファ、そしてリビングテーブルを購入したとしましょう。その家具を家に入れる時、家のドアや窓から入れることができなかった場合、使用することができません。マンション住まいの場合、エレベーターに乗せることができるか否かということも問題として挙がります。その場合、分解して組み立てなおしたり、階段から運ぶことになるのですが、別途費用がかかったり、組み立ての時間コストがかかるため、余計に費用がかかります。場合によっては節約したはずなのに結局高く付いたということもあるので、搬入ルートを考えて購入するようにしましょう。

理想の住まいにするためには、家具だけではなく家の間取りやコンセプト、そしてそれらをもとにした家具の配置場所が重要となります。よって、プライベート空間に対して強いこだわりを持ちたいのであれば、家具だけではなく、間取りも念頭に置いた家具選びを行ない、隙のない計画を立てましょう。

TOPボタン